ジェネリック医薬品の中でもインドジェネリックが多い理由

日本で製薬できるED薬

サプリメント

福岡などのクリニックでもよく処方されているED治療薬であるバイアグラですが、このバイアグラにもジェネリック医薬品はあります。今までは日本では特許の問題上このバイアグラのジェネリック医薬品を作ることはできませんでした。しかし、バイアグラは2014年5月に特許の期限が切れて、日本でもバイアグラジェネリックの製薬が認可され、各製薬会社がバイアグラのジェネリック医薬品の製薬を始めています。すでにいくつかのバイアグラジェネリックは、福岡などでも各クリニックで処方しています。
ジェネリック医薬品は通常の新薬よりも開発費用が安価なため、薬の単価も安く抑えられています。ED治療薬は薬の単価だけでも1錠1500円の値段となっていて、治療のために利用をしていくことを考えると福岡でも費用は高くなってしまいます。また、ED治療は自由診療となるため、保険などが適用されることはありません。成分としては変わることはありませんので、福岡でED治療のために薬を処方してもらう際には、ジェネリックバイアグラの利用を検討してみてはいかがでしょうか。また、ジェネリックバイアグラは製法を通常のバイアグラと変える必要があるため、薬剤のバリエーションが豊かになっています。なかには水要らずで口の中で溶けるタイプなど、錠剤が苦手な人な人でも服用しやすいように工夫されているものなどもあります。また、他にもコーヒー風味やレモン風味の錠剤があり、錠剤自体に他の食べ物の味がついている場合もあります。錠剤を口に入れた瞬間に苦い味などが広がるのは、やはり苦手な人も多いです。