ジェネリック医薬品の中でもインドジェネリックが多い理由

ED治療薬とアルコールの併用

下を向く男性

現在日本はEDになる男性が多く、東京でも多くの方がEDで悩んでいます。中には東京のクリニックなどでレビトラなどのED治療薬を処方してもらっている方もいるでしょう。こうした薬を併用する際に心配なのは、水以外で服用しても大丈夫かということです。レビトラは男性の勃起を補助するED治療薬となっているため、酒の席からそのまま性行為へと繋がることなどもやはりあるでしょう。そういった際、お酒を入れていても服用していいか分からず、最終的に使わないまま性行為へと移行してうまく勃起することが出来なかったというパターンもあります。レビトラを初めとした東京で処方されるED治療薬はアルコールの影響を受ける事が少なく、ほどよい飲酒であれば問題がないとされています。しかし、お酒に弱い人はレビトラなどのED治療薬と併用するのは避けたほうがいいでしょう。その理由として、レビトラなどのED治療薬を服用することにより、薬の拡張機能で一気にアルコールが回ってしまうということがあります。ベッドインに備えて薬を使ったのに、酔いつぶれてしまっては薬を服用してしまった意味がなくなってしまいますので、東京でお酒を飲む場合などには適度な飲酒を心がけながら服用するようにしましょう。また、バイアグラなどは空腹時に飲む必要が出てきますが、レビトラやシアリスは食事の影響を受ける事がすくなく、油物などを大量に摂ることがなければ問題なく作用します。しかしながら薬物は空腹時が一番吸収しやすくなるため、なるべく空腹時に利用することをおすすめします。